年齢と上下関係。

夫と一緒に参加しているママチームでは、二人共『手伝い』の部類なので身分を詳しく明かしてはいない。


私もメンバーのあだ名(呼び名)しか知らないし、年齢も会話(子ども、孫の年齢)から推測している。
もしかしたら、私より若いかもしれないし、年上かもしれないけど、そこはまあアバウト。


先日、練習の時唐突に「年齢は?」と推定58歳の人に聞かれた。


どうやら夫の年齢がメンバーの中で話題になったらしく、まずは私の年齢を聞いてから、みたいな感じだった。


私が50を超えてるのは暗黙の了解だと思っていたから「今年4になります」と答えたらまさかの「44歳?」と。


慌てて「54歳です」と。


「パパさんは?」と聞かれ「今年50になりました」


「あぁ、そうなんだ。50はいってないよねぇ~って話してたんだけど、50歳なんだー」と。


そっから、年配組のオネーサマたちは「姉さん女房だと思ってた」と口をそろえて言い、20代の独身女子たちは「えぇぇ、奥さんの方が年下だと思ってた」と言い、年配オネーサマたちに軍配が上がった。


さすが、オネーサマたちは観る目が肥えていらっしゃる☆


でも「どう見たって奥さんの方が上(強い)じゃん」のセリフにはちょっと苦笑い。


ああ、やっぱり態度に出ちゃってるよねー。



ただ、独身女子の保育士さん(推定26歳)が、私が年上だと見られてたことを不憫に思ったのか、しきりに「全然年上だとは思わなかった」とフォローしてくれて。


「でっしょー、あの人(夫)、態度がでかくてふんぞり返ってるから年下とは思わないよねー」とフォロー返しをしたんだけど、もしかしたら『見た目』で判断されてると思ってフォローしてくれたのかな、と後で思った。



私と夫、黙って二人並んでたらどっちが年上(年下)に見えるのか、街角インタビューしたくなった出来事でした☆