ねーちゃん。

先週末、夫がコーチをしているママチームの試合に、応援がてら差し入れを持って行った。


試合が平日にある時は夫が行くんだけど、今回は土曜日(夫仕事)だったので、夫の代理って感じかな。


私も何度かチームの練習に参加したことあったので、顔馴染みの人も何人かいるし、試合を観るのは楽しい☆


会場にいくと血が騒ぐ~!


またコートに立ちたいなぁ~って思いが沸いてくる。


試合は、最初なんだかチグハグな空気が漂ってて、ありえないミス続きで1セット目を落とした。


2週間前にエースが足を骨折し、急遽別の人がエースポジションをすることに。


私より2つ上の56歳。


夫も私も彼女のことを『ねーちゃん』と呼んでいる。


ねーちゃんは元実業団でバリバリにプレイしてて、バレーセンスは一級品だ☆


ただ、年齢的に一線から外れて裏方に回っていた。


で、今回エースのアクシデントで久しぶりの試合。


「まだまだやれる!」


そう思っただろうなぁ~。


私も裏方のねーちゃんが、エースの代理を頑張っている姿に胸が熱くなった。


ま、体力的にキツそうだったのは明らかだったけど。(←これは本人も認めてた)


結局1セット目は落としたけど、巻き返して2、3セット目を勝ち取った☆


この大会は、出場するために予選もあって、勝ち進んで来たチームばかり。


簡単に勝てるものではないし、しかもエース不在だったのに、次の試合も勝って、決勝大会進出へ。


すごいなぁ~。



週に2回、熱心に練習していることは知っていたけど、やっぱりそこまでの情熱がないと辿り着けない場所だなぁ~と思った。


なにより、ねーちゃんの活躍が一番嬉しかった☆